はじめに
当記事は 弥生会計のユーザー向け です
会計ソフトである弥生会計の操作を自動化してみております

 

 

こんにちは。めがねロボットの谷口(@khtax16)です。

 

「そもそもなんでこんなことしてるの?」

と言われると非常にお恥ずかしいのですが、私は 弥生会計で元帳を見るときはデータをエクスポートしてExcelで見る ことにしています。

(常にではなく、まとめて見るときですが)

 

これは単純に、ソフト上で見るのがどうも見にくいからなのですが、このとき、

  1. 総勘定元帳をCSVとしてエクスポート
  2. ひながたのExcelを用意しておき、そこに貼り付け
  3. 補助元帳と仕訳帳で1~2をくり返し

という作業が必要となります。

 

それが面倒だったため、UiPathで弥生会計の操作からExcelへのコピペまでの処理を自動化してみました。

 

 

弥生会計の元帳エクスポートからExcelへのコピペまでをUiPathで自動化

なお、先に前提の部分をいくつかご説明しておきます。

まず「元帳をExcelで見る」というのは、弥生会計の機能のひとつであるExcel化してくれるボタンのことではありません。

 

 

このExcel化ボタンですと、

  • 1列目がむだに幅広
  • 微妙な位置でウィンドウ枠の固定化がされてしまっている(伝票Noいらん)
  • 不要な列がそのまま表示されてしまっている
  • やや時間がかかる

という欠点があるためです。

 

 

↓ こんな感じのExcelですね

 

 

 

弥生会計の元帳を見る用のひながたと、エクスポート機能

私が使っている弥生会計の元帳用ひながたは、

  • フィルターをあらかじめ設定
  • いらない列を非表示に
  • カンマ表示等、書式をあらかじめ設定

などの設定をしています。

 

↓ こんな感じ

 

 

↓ これを「総勘定元帳」「補助元帳」「仕訳日記帳」の3つ用にそれぞれシートをつくっておきます

 

 

これにCSVデータを値貼り付けなどして見ているわけです。

(テーブルでないのは、テーブルを使いはじめる前の時期に作ったひながたであるため)

(あともうひとつ理由があった気がしましたが忘れました)

 

 

 

弥生会計の元帳・仕訳帳をCSVとして出力するには

「弥生会計のExcelボタンではない」みたいなことを言いましたが、弥生会計をCSVとして出力するには、メニューバーから

「ファイル」⇒「エクスポート」(Alt → f → e)

を選択します。

 

↓ 「エクスポート」を選択

 

 

ファイル名はなんでもいいのですが、

  • 任意の場所を指定
  • 拡張子を「.csv」に
  • 「すべての勘定科目を出力する」を選択

の3点に気をつけ、拡張子をcsvにするのは忘れないようにしましょう。

(場所とファイル名、拡張子は記憶してくれます)

 

↓ 拡張子をcsvに

 

 

 

UiPathで弥生会計を操作する手順

というのが、前提となる弥生会計の機能やExcelについての解説でした。

 

UiPathの細かいActivitiesの解説は、

『【UiPath初歩の初歩】マウスで画面をクリック、指定の文字を入れる、アプリを起動するなど』(超基本)

『UiPathで弥生会計を操作 試算表・決算書をPDFとして印刷するの巻』

でしておりますので、要所を抜粋して述べていきます。

 

 

UiPathで、まず総勘定元帳・補助元帳・仕訳日記帳をエクスポートする

 

↓ 弥生会計を開いたら、まず「Send hotkey」でAltキーを使い、元帳を開いて(cm)エクスポート(fe)を選択します

 

 

↓ 「Type into」で拡張子を含めてファイル名を指定します(デフォルトのままでない理由は後述)

 

 

↓ 「Type into」のPropertiesで、「EmptyField」にチェックを入れておくと安定します

 

「EmptyField」とは?
文字入力をする場所に、あらかじめ文字が入っていた場合、それを削除したあとに入力してくれる機能です。
弥生会計の場合、正直入れなくても問題ないのですが、なんとなく挙動が安定するので事前に文字が入っているとき私は入れています。
(あくまで印象の域を出ず、効果のほどはわかりません)

 

 

↓ 「Click」で「すべての勘定科目を出力する」をクリックします

 

 

あとはOKボタンもClickで指定すれば、総勘定元帳のCSVが出力できます!

 

ものすごくどうでもいいのですが、私は総勘定元帳に「GL」という名前をつけることが多いです(内部資料に限る)。

これは総勘定元帳の英語が「General Ledger」だかららしいのですが、前職の上司がこのGLを使っていて「お、なんかかっこいいやんけ」と思ったという浅はかな理由によるものです。

 

また、上記は「総勘定元帳」を出力していますが、私は「補助元帳」も別途出力しています。

特に1年分のデータを保存しておくときは、流れが見やすいし残高の把握もできるので個人的にお気に入りです。

 

ただ弥生会計の少々気に入らないところが、なぜか「総勘定元帳」と「補助元帳」のファイル名が共有されてしまうところです。

(別の帳簿なんだから別の管理にしてほしい)

 

なので、私の場合、

  • 総勘定元帳 ⇒ GL
  • 補助元帳 ⇒ GL2

とファイル名を変えて指定しています。

(デフォルトのファイル名に任せるのではなく、あえて「Type into」で入れているのはそのため)

 

このような感じで、

  • 総勘定元帳
  • 補助元帳
  • 仕訳日記帳

と順に入れていくだけですが、仕訳日記帳だけ「書式」に汎用形式と弥生インポート形式があります。

 

目を通す目的だと「汎用形式」のほうが圧倒的に見やすいため、指定することにします。

ifで判定しようかとも思ったのですが、面倒だったので、「Click」「down(↓)」「Enter」で常に汎用形式を指定することにしました

 

 

仕訳日記帳だけ書式の設定を追加しています

 

 

これで3つの帳簿がCSVでエクスポートできました!

 

 

 

エクスポートした弥生会計CSVデータを読み込み

次は、エクスポートしたCSVデータを、「Excel application scope」で読み込みます。

 

このとき、CSVデータは右側の「…」だと指定することができません。

直接ファイル名(というかパス)を入力しましょう。

 

「パスってなに?」

という場合、そのファイルのアイコンをShift+右クリック」すると「パスのコピー」が選択できますので、それをそのまま貼り付ければOK。

(ただの右クリックだと出ないので注意)

 

↓ 「Shift+右クリック」すると「パスのコピー」が選択できます

 

 

↓ パスを入力後、「Read Range」にシート名を入力し、「””」でファイル全体を読み取ります(CSVはファイル名=シート名なので注意)

 

 

↓ PropertiesのOutputで「Ctrl+k」を押し、変数として「csvGLDT」等、任意の英数字を入力

 

 

これを、

  • 総勘定元帳
  • 補助元帳
  • 仕訳日記帳

3つそれぞれに変数をつくり、読み込ませます。

ここは3つとも、手順的にはまったく同じでOK。

(ちなみに仕訳帳の英語が「Journal」らしいので、仕訳帳は「JL」という名前にしてます)

 

 

※ ちなみに「DT」は「DaTa(データ)」の略です。UiPathのビデオチュートリアルで「newDT」みたいな変数の設定をしていたので、それに倣っています。

(基本はキャメル方式っぽいです。「camelCaseModoki」的な単語の変わり目で大文字になるタイプを、ラクダのコブにちなんでキャメル方式・キャメルケースといいます)

 

 

 

CSVデータを用意しておいたExcelのひながたに貼り付け(書き込み)

これで3つのCSVデータを変数に格納することができましたので、ひながたのExcelに貼り付けます。

まず「Excel application scope」でひながたのExcelを指定します。

 

↓ さらに「Write Range」で、各シートの”A1″と、対応する変数を指定

 

 

 

「Write Range」を3つつくれば、すべての帳簿のデータを貼り付けることができます。

ただここで終わってしまうと、ひながたのExcelに上書きされてしまいます。

 

いちいちひながたが上書きされてしまうのは面倒なので、「名前をつけて保存」し、別ファイルとして保存することとします。

ただ、「Send hotkey」での「F12」や、Altキーで「ファイル」を指定してから行く方式だと、どうもうまく起動しませんでした(私の場合)

 

なので、完全にロボット様用なのですが、クイックアクセスツールバーに「名前をつけて保存」ボタンを表示させることにしました。

これを「Click」で押す流れにすると、かなり安定して動いてくれます。

 

↓ 「クイックアクセスツールバー」は左上にあるこれです

 

 

↓ これを「Click」で押してもらう!

 

 

あとは任意のファイル名をつけて保存したら完了です!

 

 

 

 

UiPathでの弥生会計操作動画 まとめ

というわけで、恒例の動画も撮りました。

 

 

 

 

この作業、個人的には「これ自動化したい!」という感じだったのですが、いかんせん「そもそもなんでこんなことやってるの?」と思われたら恥ずかしいなあと少し躊躇していました。

 

しかしやってみたら動作が悪くなかったので、思い切って挙げてみた次第です。

 

あと何より嬉しかったのは、エラーをほとんど出さずにつくれたこと

 

いままで積み重ねてきたことが少しずつ身になっているのかあ、と思えて嬉しかったのでした。

 

途中からVBAでもできるんでしょうけど、弥生会計の操作ごと任せてしまえるというのはRPAツールならではだなあという感じがいたしました。

 

また何かありましたらご報告します!

(結構はしょってるので、「もう少し詳しく!」等あればTwitterなどでコメントくださいませ)

 

 

 

追記という名の書き忘れ

ここまで書いて思い出しましたが、私は弥生会計の設定で、

  • 環境設定 ⇒ 表示 ⇒ 帳簿を「全期間」に設定
  • 設定 ⇒ 事業所設定 ⇒ 年表示を「西暦」に設定

にしています。

 

特に年表示は、「和暦」の場合だと日付データではなく文字列として貼り付けされてしまうので、いろいろ面倒。

そのほか「この設定自分と違う?」とかありましたらやはりTwitter等でご連絡いただけると嬉しいです!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、ジュース代なんぞをご馳走していただけますと嬉しいです。ガバガバ飲みます。
https://www.paypal.me/tanimega/150

※ PayPalのアカウントが必要です
※ 金額は変更可能です。50円でも拝みます