2017/05/12

ひとりビジネスは横のつながりも大事!同業の人と交流する意義

 

 

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

昨日、私と同じくひとり税理士としてブログも書いていらっしゃるモロトメジョーさんと初めてお会いし、琉球酒豪伝説とともに少々飲酒しました。

(モロトメさんありがとうございました!)

 

また、ブログをやっていらっしゃる方ではないのですが、19日の月曜には私と同じ神田支部のNさんとも初めて二人で飲みました。

(Nさんありがとうございました!ほんとすみません)

 

お二人とも私から声をおかけして実現したのですが、同業の方とのつながりも大事だなあと改めて感じた次第です。

 

 

同業の知り合いが少ない問題

何度か書いてますが、私は税理士の方の知り合いがあまりおらず、しかも生意気を申しますと好きでないタイプの税理士の方も多いので、自分から飲みに行きたいと思える方はかなり貴重です。

特に独立前は「同業の人と会うぐらいなら異業種の人と会ったほうが絶対に得るものは多い」と思っていました。

(この考え方自体はいまでも大切だと思っています)

 

しかし、同業の人であってもアンテナの張り方・張るところにそれぞれ違いがあるので、会って話すことですごく勉強になる方も多い、というのが今回(というか最近)の気づきでした。

税理士というと「税金のことならなんでもわかる」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、たとえば税金だけでも、

  • 相続税などに特化している方
  • 特殊な業務(事業承継や事業再生など)に特化している方
  • 特定の業界(理美容や医療など)に特化している方

などいろいろな方がいらっしゃいます。

 

特化していればもちろん、別に特化していなくても、税法は毎年改正もありますし、きちんと学ぶことを続けている方であれば税法に限らずさまざまな情報のとらえかたに必ず違いが出ます。

今回会ったお二人はまずお人柄が好きで勝手に慕っているのと、それぞれにいろいろな経験をお持ちなので本当に勉強になりました。

 

上のリンクをご覧になっていただけるとわかりますが、モロトメさんはブログ記事のレベルがめちゃくちゃ高く、文体も面白く独自性があり、実務経験も豊富です。

ブログをやっている知り合いもほとんどいませんので、ブログ含めてお聞きしたいことがいろいろあり根掘り葉掘り聞いてしまいました。

(モロトメさん申し訳ありません)

 

 

 

ひとりビジネスは横のつながりも大事

ひとりビジネスをされている方に共通しますが、ひとりである以上情報は自分で仕入れないといけません。教えてくれる人・環境を用意してくれる人は誰もいないからです。

なので、

  • まず自分で積極的に情報を取り込むこと
  • そのうえで同業種、異業種問わずに違うアンテナを持った人の話を聞くこと
  • それらを踏まえて「自分の考え方(哲学)」を持つこと
  • そしてそれを過不足なく発信すること

が大事なんだろうと改めて感じた次第です。

 

今後は決めつけることなく、いろいろな情報を取り入れてもっともっと勉強していきたい、そして自分も「会ってよかった」と思われる人間になりたい、そう思っています。

お二人とも本当にありがとうございました!楽しかったです!

 

 

==============================

<あとがき>

スマホの方は見られませんが、アイキャッチ画像は浅草のドコモショップのポインコさまです。私がポインコさま(特に弟。太っているほう。雪だるま)が大好きなため写真を撮りました。手は妻。

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
読んでくださってありがとうございました

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -