こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

「自分、わからないことがあるんでGoogleさんに聞くっす」

とつぶやきながら検索をすること、よくありますよね?

 

でも「お、このページっぽい」と思って開いたはいいものの、

「情報が多すぎてどこに探している答えがあるかわからない」

ということはありませんか?

 

今回はそんなときに役立つ小技をご紹介いたします!

 

Googleさんで検索したはいいものの答えが見つからない!

ある晴れた日のこと、

「『借入金』ってなんて読むんだろう。しゃくにゅうきん?」

と雷に打たれたように突然気になったあなた。

 

早速Googleさんに聞いてみることにしました。

 

 

すると、早速いかにも答えが書いてありそうなページを発見しました。

(上の画像は私の事務所の記事ですが、実際にはこんないい位置には出てきません)

 

「はは、これでワシの疑問なぞ氷が解けるように一瞬で解決、つまり氷解するぞなもし」

上機嫌で検索結果を開くあなた。

 

しかしページを開いてみると……

 

 

という余計な前置きがあって本題がすぐにはわかりません。

 

「お前がメガネかけてるとかどうでもいいんだよ! 割れ! レンズを割って詫びろ!」

余計な前置きに激怒するあなた。

 

そんなせっかちなあなたにおすすめの機能が

Ctrl+F

なのです!

 

 

「Ctrl+F」で瞬時に検索結果にたどりつける

やりかたはとっても簡単。

表示は多少違いますが、手順はGoogle Chrome、Firefox、Edge、Internet Explorer、など主要なブラウザで一緒です。

 

まず、検索ページを開いた状態で、「Ctrl+F」を押します

 

↓ すると右上に検索バーが出てきます(Chromeの場合)

 

 

↓ ここに検索ワードを入力。

 

 

たとえばこの検索バーに「借入金」という単語を入れると、ページの中にある「借入金」という単語にジャンプします。

検索後、「Enter」をポンポンと何度も押していくと……

 

↓ このように目的の場所までジャンプすることができます

 

これだけで情報の海に溺れることなく、瞬時に知りたい情報まで行けるようになります!

 

注意
あまりにも検索結果が多いと移動が大変なので、検索ワードは工夫しましょう!

 

 

 

 

まとめ ページ内検索機能「Ctrl+F」

というわけで、

  1. 検索してそのページを開く
  2. 「Ctrl+F」を押して検索バーを表示
  3. その言葉を再度検索して、目的の場所に一瞬で到着

というブラウザの検索機能についてまとめてみました。

 

ちなみにこの機能、「ページ内検索」とか「このページを検索」とか言われることもあります。

また、「Ctrl+F」はWordやExcelなど、多くのアプリケーションでも使うことができますので必ず覚えておきましょう。

 

インターネットは本当に便利なものですが、情報が多すぎてよくわからなくなることがあるのが困り物。

そんなときは必要な情報だけ抽出する技術を身につけて、効率よく調べ物を解決していきましょう!

 

 

 

そのほかの小技記事はこちら!

まだ全部同じパスワードにしてるの? 3つのルールと3つのステップでちょっと強力なパスワードに!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!