こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

短いですがふと感じたことを。

 

今日はプロフィールにも書いている趣味のひとりカラオケに行ってきたのですが(そういえばブログで書いたことなかった)、ふと思い出してthe pillowsさん(ザ・ピロウズ。日本のロックバンド)の『Funny Bunny』という曲を歌いました。

 

この曲のサビが僕はとても好きで、

 

キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を選んで走ってきた
(出典:the pillows『Funny Bunny』歌詞)

 

という歌詞になっています。

 

この、「キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」という言葉の力強さが僕はとても好きです。

 

夢を叶えた人がいたとして、そのインタビューなどで、

「まわりのみなさんのおかげです」とか

「支えてくれた家族のおかげです」とか

まわりの「誰か」への感謝の気持ちを表すような場面は比較的見るかと思います。

 

が、その本人がそう言うこと、そういう気持ちでいることはいいとしても、まわりの誰か一人ぐらいは、

「『誰か』のおかげじゃない。夢が叶ったのは、君が頑張ったからだ」

「夢をつかんだのはほかの誰かじゃなく、君自身なんだ」

そう言ってあげてもいいんだ、とこの曲を聞いてはじめて気づいたのです。

 

その本人が謙虚な姿勢でいようとなんだろうと、本人じゃない、外からだからこそ言える「絶対的肯定」。

というようなものを、この短い言葉から感じることができて、ときどきつぶやいています。

 

「君の夢が叶うのは、誰かのおかげじゃない」

 

ときどきはこう変えてみる。

 

「僕の夢が叶うのは、誰かのおかげじゃない」

 

だから走りつづけるんだ。

 

もし疲れて、とまることがあっても、また、歩き出すんだ。

 

前へ進む。どの方角が正しいのかは誰にもわからないから、自分が「前」だと信じるほうへ向かうんだ。

 

不遜だろうと、そういう「背中を押すもの」が必要なときも、あるように思うのです。

 

 

 

(公式サイトのものです)

 

 

○-○ ―――――――――――――――――――――――――――

<余談>

 

ところで、この曲、『SKET DANCE』という週刊少年ジャンプの漫画で紹介されていたこともあるので、それ経由でご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

(作者の篠原健太さんは、ジャンププラスというサイトで『彼方のアストラ』という漫画を連載しておられます)

 

 

僕はといえば、2004年に『SYNCHRONIZED ROCKERS(シンクロナイズド・ロッカーズ)』というトリビュート・アルバムが出ていて、僕の誕生日かなんかで友人がくれたことをきっかけにthe pillowsを知りました。

(もう13年前であることに震える)

 

僕は当時Mr.ChildrenやBUMP OF CHICKENがとても好きだったので、両バンドがカバーした曲が入っているこのアルバムをくれたのですね。

この『Funny Bunny』はELLEGARDENがカバーしています。

 

BUMP OF CHICKENがカバーしている『ハイブリッドレインボウ』

Mr.Childrenがカバーしている『ストレンジカメレオン』

もすごく好きです。

 

カバーよりも本人の歌のほうが好きなのですが、そうは言っても『Fool on the planet』というベストアルバムしか買って聴いていないのでニワカです。すみません。

(『Fool on the planet』はすごく好きで、一時期よく聴いていました)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!