こんにちは。むっつりすけべ税理士見習いの谷口(@khtax16)です。

 

昨日『「むっつりすけべ税理士」という肩書きはありかなしか?』という当ブログ恒例のくそ記事を書いたのですが、あとですごく反省したんですよ。

「おれなにやってんだろうな」って。

「みんなが確定申告というものに四苦八苦してるこの時期に『むっつりすけべ税理士』ってどんだけ頭からっぽなの」って。

 

しかも普段更新したりしなかったりするのに、大阪の税理士の山本さんのこの記事の画像で私の上記のひどい題名が入ってしまってまして、タイトルだけじゃなくタイミングも最低だったなって。

(山本さんほんと申し訳ありません)

 

私はRSSリーダーとしてInoreaderってアプリを使ってるんですが、そこに「士業」というフォルダをつくって、そこに自分のサイトも登録して管理してるんですね。

feedだと見た目が崩れることとかよくあるので、そのチェックのために。

 

でもそこの「士業」のフォルダのなかで明らかに浮いてるわけですよ。

  • フリーランス
  • 納税証明書
  • 税務調査

みたいな単語のなかに「むっつりすけべ」が混じっているわけですから。「こりゃもう浮くっきゃない!」みたいな。

 

一応「自分の色を出そう!」なんつって狙って独自色を追求してきたわけではあるんですけれども、さすがに最近行き過ぎてきたのではないかと。

なんかお恥ずかしい話なんですけど、私、自分のブログって少なくとも税理士業界において圧倒的なくそ記事量産ブログだと思ってるんですね。

でもごくごく一部には「税理士でもここまでさらけ出していいんだ!」っていう新鮮な驚きを提供できていることもあるんじゃないかと思ってたんですよ。それ見てマネされちゃうかななんてちょっと思ってたんですよ。

「僕もくそ記事書いちゃいました!」みたいな人が一人、二人、三人と出てきちゃったみたいな妄想したりして。

いやものすごいうぬぼれなんですけど。ほんとお恥ずかしいんですけど。

でもびっくりするほど私ひとり。いつまで経ってもひとり。

むだにさらけ出してんの私だけ。それで快感を得てるのも私だけこれは忘れてください。

 

まあそういったブログ運営に関する反省がありましたので、昨日の記事を書いたときの自分に対して「お前、よく考え直せよ」という思いを込めて、今日は昨日の記事に対する反省点をひたすら書き連ねたいと思います。

 

『「むっつりすけべ税理士」という肩書きはありかなしか?』への反省と添削

まず、前回の記事の冒頭で、私は、

前回この記事の後半で「むっつりすけべ税理士」なる肩書きを思いついたのですが、このとき、
「これめちゃくちゃ面白いじゃん」
と自分のアイデアにかなり満足していました。

と書いています。

 

「むっつりすけべ税理士」に満足するってどういう神経してんの?

なんにも面白くないから、恥をさらしているだけだから。

そうこのときの自分に言ってあげたいです。

(でも記事は消さない)

 

また、

このくそふざけた肩書きのあり・なしを真剣に検討してみます。

という文で本編へ入っていきます。

 

検討しなくていいから。しかも真剣アピールとかいらないから。

「くそふざけた」ってわかってるんだったらこれ以上の恥の上塗りはよしてよ。

そう、このときの自分に言ってあげたいです。

(でも記事は消さない)

 

本編に入ると実際に検討をはじめていきます。

(むっつりすけべ税理士を)もし名乗るなら20代の男性の方がいいでしょう。
女性だといらぬセクハラに巻き込まれてしまいそうですし、若い方のほうが「若気の至り感」をかもし出せるからです。

「若気の至り感をかもし出せるからです」じゃないんだよ。

かもし出す必要がないんだよ。わかってくれよ。

 

「あたくし、むっつりすけべ税理士でござ〜い!」

「ござ~い!」からあふれ出る昭和臭。

 

私のイメージでは、創業社長というのはオープンスケベが多いです。

そこからさらにターゲットの検討に入ったはいいけど、さらっと「オープンスケベ」とかいう耳慣れない単語を使うな。

「むっつりすけべ」の対義語みたいに使ってるけど一般的な用語ではないから。

 

その一方で、社長の中にはむっつりすけべタイプも多数いる、という印象もあります。

世の社長に失礼だよ。謝れ。

 

つまり男性経営者からの共感あるいは激励を得られる可能性が高い、という分析結果が算出されました。

「分析結果が算出されました」じゃないんだよ。

「ロジカルに考えて」「統計から分析した結果」みたいな雰囲気を出そうとするな。完全に適当に話してるじゃねえか。

話してる内容「むっつりすけべ」についてだからな。

 

弱点を挙げるなら女性経営者ですかね。

お前の知能がすでに弱点だよ。

 

女性経営者には「うわ、なにこいつ」とドン引きされる可能性がひそんでいます。

おれはお前にドン引きしてるよ。

 

デメリット、というか「デメリットの克服法」を簡単にまとめると、

恥をこえろ

かっこよく言うな。

 

人によってはどん引きされる(その分刺さる人には刺さる)

「刺さる人には刺さる」じゃねえよ。分析したっぽく言うのやめろって言ってるだろ。

 

求道者たれ

お前は誰だよ。マンガに出てくるなんかの師匠かよ。

 

「むっつりすけべ税理士」を名乗るからには、余人の追随をゆるさないレベルのすけべさが必要になります。

「余人の追随をゆるさないレベルのすけべさ」ってなんなんだよ・・・

 

だれも知らない海外サイトから情報収集をしているとか、いかがわしい画像の収集のためにプログラミングを勉強したとか、そういった

・誰よりも燃え上がった情熱の炎

・日々の行動(執念)

だからかっこよく言いたがる癖を直せ。

 

・やや歪んだ性癖(正常な範囲からはずれない程度に)

こういう生々しい表現やめて。本気で引くから。

(実際書くの迷った)

 

これらは「むっつりすけべ税理士」には必要不可欠のものです。

そんな税理士は存在しないんだから「必要不可欠」とか必要条件みたいに言わないでください。

 

また、ひらがなかカタカナか、という問題も解決せねばなりません。

「せねばならない」じゃないんだよ。そもそもそんな問題は発生してないんだよ。

 

私の「めがね税理士」という肩書きも、「めがね税理士」か「メガネ税理士」かで悩みました。

お前の話は聞いてない。

 

むっつりすけべ税理士の場合、

・むっつりすけべ税理士

・ムッツリスケベ税理士

・むっ攣り助平税理士

といった選択肢があります。

そんな選択肢はそもそもすべて存在していない。

あと「むっ攣り助平税理士」を挙げたはいいもののすべってる。

 

個人的にはひらがなでの「むっつりすけべ税理士」を推したいところです。

お前の「推し」とかどうでもいい。

 

これは「めがね」同様見た目のかわいさのほか、言葉の印象を和らげる効果があります。

分析したっぽく言う癖を直せ。

 

「ムッツリスケベ税理士」だと「ほんとにムッツリスケベっぽいな」と思われてしまいがち。

「思われてしまいがち」じゃねえよ。「そんな事例があった」みたいな雰囲気を出すな。

 

ここはゆるキャラ感をも演出できる「むっつりすけべ税理士」で行くべきでしょう。

ひらがなにしてもまったくゆるキャラ感出ないから。こんなに不毛な「べき」はないよ。

 

※ 関係ないんですけど、さっきから「すけべ」に対してのゲシュタルト崩壊がすごいです。

知るか。

 

というわけで、いろんな角度から「むっつりすけべ税理士」という肩書きについて考えてきました。

「いろんな角度から」じゃねえよ。不要なものはどんな角度から見ようが不要なんだよ。

 

結論としては「全然アリ」だということが、本稿を通じてご理解いただけたのではないでしょうか。

まったくアリじゃねえから。知的っぽく言う癖を直せ。

 

なお、私は本稿を書き進めるうちに「自分には荷が重い」という判断に至ったため、立候補の手をおろさせていただきます。

こんだけ書いといて逃げるの!?

 

前回の記事を書いて以後も、「おれがむっつりすけべ税理士だ!」という反応が一切ないのですが、

そりゃそんな反応ないだろうよ。まともな人間なら「よし、むっつりすけべ税理士を名乗ろう!」なんて頭の片隅にも思わないんだよ。

しかもお前の影響力なんてノミ以下だからな。ノミが体をかゆがらせるほどの影響力もないからな。

 

そんなはずはないと私は固く信じています。

一刻も早く夢から覚めろ。

 

恥ずかしがり屋、だからこそむっつりすけべの名をほしいままにしているあなたが、一歩を踏み出すときが今日来たのです。

存在しない人間に向けて熱弁するな。

 

「おれこそがむっつりすけべ税理士だ」という勇気ある挙手をぜひお待ちしております。

出るわけないだろうが。

 

「むっつりすけべ税理士」を名乗るときには名刺もひと工夫したいものですね。

どの立場からの意見だよ。解説者か。

 

書いているとき「これは名ブログになるぞ!」と興奮していたのですが、

するな。

 

書き終わったいま思うのは、これはあとで「またクソブログを書いてしまった…」と後悔するタイプのあれだろうなということです。

そうだろうよ。2時間後にはすでに後悔してたよ。

 

私、会話のときに自ら下ネタを話すことってほぼないのに

むっつりすけべだからだよ。

それこそがむっつりすけべたる所以(ゆえん)だよ。

 

ブログだと最近妙に増えているのが謎でしかたありません。

だからむっつりすけべだからだよ。

 

しかも妙に筆が進む

自分で認めてんじゃねーか!!

 

 

 

 

 

 

あ、以上です。

お目汚し失礼いたしました。深くお詫び申し上げます恥ずかしめがね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、ジュース代なんぞをご馳走していただけますと嬉しいです。ガバガバ飲みます。
https://www.paypal.me/tanimega/150

※ PayPalのアカウントが必要です
※ 金額は変更可能です。50円でも拝みます