小説「名人伝」2021年魔改造版【後編】

 

 

~ 前編のあらすじ ~

格ゲー「ストツー」をたしなむ紳士ノリマサ(35歳)は、天下第一の名人となるべく、音に聞こえし達人「YouTuber タモキン」に師事することを決意する。

タモキンのもとで5年もの歳月おのれの技を磨くノリマサ。

従順に師の教えを吸収する日々であったが、かぎりなく師の技量に近づきしある日、野心がムクムクと起き上がり「師を亡きものにし、おのれのみが至高のプレイヤーとならん」と企み突如として師に襲いかかる。

一流のダンスと見まがう見事なプレイでこれに応じた師タモキンは、お互いの腕の高まりに心を震わしつつ、同時に弟子の思想の危うさにも気がつきこう告げた。

「我々のストツーのごときは未だ児戯よ。真の名人のもとへゆけ」

おのれの腕にいささかの驕慢を抱いていたノリマサはその言に驚き、急ぎ西へと旅立つのであった――

『小説「名人伝」2021年魔改造版【前編】』

 

 

○-○ ―― 後編のはじまり ―― ○-○

 

 

ノリマサは師タモキンの言葉を聞き、すぐに西に向かって旅立った。師の言葉が耳に残ってやまない。

 

「我々のストツーのごときはほとんど児戯に類する」

 

もしそれが本当だとすれば、「天下第一のストツーリスト」というノリマサの野望の達成も、まだまだはるか先にあると言わざるを得ない。

児戯、つまり己の技がこどもの遊びのごときものかどうか、とにもかくにもそのアマバエ老師とやらに会って比べなくてはとノリマサは焦った。

焦ったが新幹線にのっているのでどう焦ろうが早く到着するものではない。

その点に気がつくと、ノリマサは平静に戻ろうと屁をひとつ放ち、駅弁をふたつ平らげ、また屁をひとつ放って現地でタクシーに乗り込んだ。

2時間あまりタクシーを走らせ、ようやく目指すニワカ乙の山頂へとたどり着くと、「すべて妻の金でここまで来た」と感慨にふける。

 

そんな鼻息あらぶるノリマサを迎えたのは、羊のようなやわらかな目をした、しかしひどくよぼよぼのじいさまである。

年齢は100歳を超えているのではないか。

腰が曲がっているせいもあって、長く伸びた白いヒゲを地面にひきずっている。

 

相手がおじいちゃんなので、耳も遠かろうとノリマサは声を張り上げて来意を告げる。

「老師! 自分の技を見てもらいたいのですが!」

焦ったノリマサは相手の返事も待たず、いきなりスマホを取り出すやひょっとこみたいな顔をし、ひょうきんな動きで158コンボを叩き出した。

いやひょっとこみたいな顔をする必要は特になかったのだが、お面をしていたときの名残でついしてしまった。

しかしこれで自分が専用コントローラーを用いず、このようなふざけた状態でも絶技を出し得ることを知らしめる役に立っただろうと、ノリマサはコンボの最後をドヤ顔で締めた。

あごのしゃくれ具合もいつもの三割増しである。

 

ほっほっほ、とアマバエ老師はおだやかに笑って言った。

「ひととおりはできるようじゃな」

アマバエ老師は笑みを崩さず、こうつづけた。

 

「しかし、それはしょせんテストで満点を取って『じょうずにできましたね』とほめられたようなものにすぎん。ボウヤはまだ『ゲーム』という枠にとらわれていなさる」

 

ムッとしたノリマサを導き、アマバエ老師はそこから少し歩いた崖の上まで連れていく。

そこの端に立つと、足元は、見た瞬間死をいやおうなく意識させる切り立った崖であり、はるか下に糸のような細さで見える川は、目を鍛え抜いたノリマサだからこそ感じる「高さ」という圧倒的な力を、頭を横から殴りつけたかと思うほどの勢いで押しつけてくる。

 

その崖から、1メートルあまり空中へ向かって伸びた変わったかたちの石がある。

アマバエ老師はつかつかとその石にのぼり、振り返るとノリマサに言う。

「どうじゃ。この石の上でさっきの超絶プレイをもう一度見せてくれぬか」

 

いまさら引き下がることなどできぬ。ツバを飲みながら了承し、老人と入れ替わりにノリマサがおそるおそる石を踏んだとき、石はかすかにグラリとゆらいだ。

「さっきじいさんが乗ってたんだから、だいじょうぶだ」

心の声で自分を励まし、スマホをポケットから取り出すと、ちょうど崖の端から小石がひとつ転がり落ちた。

その行方を目で追ったとき、おぼえずノリマサは伏して石にしがみついた。

 

からん、ころん、からん。

 

どこまでも落ちていく石の音が、落ちていく「ノリマサ自身」を連想させる。

立ち上がろうと足に力を入れるが、膝はぶるぶると震え、汗は全身を濡らすほどににじみ出た。

 

立つことさえできない。

 

石と同化してしまったような状態のノリマサに、アマバエ老師は笑いながら手を差し伸べた。

ていねいにノリマサを石から下ろし、老人はもう一度ひょいと石にのると、

「では、ささやかながらワシのプレイをお見せしようかな」

と言った。

 

ノリマサはまだ動悸がおさまらず青ざめた顔をしていたが、すぐに気がついて言った。

「しかし、スマホは?」

老人は素手で、なにも持っていない。

「スマホ、あるいはコントローラーも、画面もなく、何を、どうやってプレイするのですか?」

「スマホ?」

老人は笑う。

「スマホを必要とするうちは、まだ『ゲーム』の枠の中にすぎん。その枠からひとたび外へ出れば、高精度のコントローラーも、8Kのモニターもいらんのじゃ」

8Kとか意外と俗世のことを知ってるな、とノリマサが思ったまさにそのとき、アマバエ老師はぐらつく石の上で目を閉じ、おもむろに両手を中空に上げ、指揮者のごときしぐさで動きをとめた。

数瞬だけ、オーケストラの演奏を導くような優雅さで手を動かす。ノリマサが異変を感じ手元のスマホを見やると、ノリマサの扱うキャラクターが乱入を受け418コンボをくらい惨敗していた。

 

ノリマサは全身の毛が逆立つようなおそれをおぼえた。

いまにして、はじめてストツーというその深淵の、奥の奥をのぞき見ることができた心地であった。

 

こののち、9年のあいだ、ノリマサはこの老人のもとにとどまった。

そのあいだ、どんな修行があったものか、ひとつの動画もアップされず、一本のブログも書かれなかったため、それは誰にもわからぬ。

 

9年経って山をおりてきたとき、人々はノリマサの顔つきが変わったことに驚いた。

以前の気の強い、勝つためなら相手のプレイも邪魔する生来の負けず嫌いは影をひそめ、綾波レイよりなお感情の読み取れぬ、ドラクエのどろにんぎょうのごとき顔になっている。

久しぶりに旧師のタモキンを訪れたとき、しかし、タモキンはこの顔つきを見ると感嘆して叫んだ。

 

これでこそはじめて天下の名人だ! われらのごとき凡人に、理解の及ぶはずはない、と。

 

TOKYO、いや、インターネッツの世界は、天下一の名人となって戻ってきたノリマサを迎えて、やがて繰り広げられるであろう超絶プレイへの期待に湧き返った。

ところがノリマサは、一向にその期待に応えようとはしない。

いや、スマホを手に取ろうとさえしない。

山に入るとき持っていった最新のアイポォーン18も、どこかへ捨ててきた様子である。じれた末、それをたずねた勇気あるインタビュアーがいた。

「ノリマサさん、スマホはどうしたんですか? もし専用コントローラーが必要なら、ほら、ここに用意しましたよ」

そう質問を受けたノリマサは、ものうげにこう答えた。

 

「至為は為すなく、至言は言を去り、至射は射ることなし。あらゆる枠は、もはや存在しない」

 

なるほどわからん。これがこのインタビューを見たネット民の総意であったが、それでもひと言もの申したい一部の面々はつぎつぎにコメントした。

「達人になるとこの領域に来れるのか」

「宮本武蔵がこれと似た趣旨の発言を遺している」

「まるで意味わかんなくて草」

 

とにかくお祭り騒ぎがしたいだけのネット民はそれぞれ好き勝手に解釈した。

スマホを持たざるストツーの名人は一部の誇りとなり、ノリマサの家はネットにさらされ有名になる。

ノリマサがストツーに触れなければ触れないほど、彼の「無敵」という評判は尾ひれ腹びれをもって喧伝された。

 

尾ひれ腹びれはさまざまな形に変ずる。

 

いわく、深夜、日付の変わるころ、誰も操作していないはずのストツーが動き出し、人外としか思えぬ動きで戦う映像がライブ配信されていた。けだし、ノリマサ名人が2つのキャラを同時に動かし修練を積んでいるのであろう。

 

いわく、ノリマサ名人の自宅の上空で、やけに大きな雲があるなと思ったらストツーのキャラに変じ、卒爾として雲同士で戦い出した。ゲームを超えた、永遠に尽きることのない湧き水のごとき美コンボであった。

 

いわく、とある空き巣が、ノリマサ名人の噂を聞き深夜に家へ忍び込もうとしたところ、ストツーのキャラであるリョウの波動をくらい、頭がアフロになった結果自首をした。

 

こうした噂が広がって以来、邪心を抱くものはノリマサの自宅を避けて通るようになり、空を行き交う飛行機は万が一のため彼の家の上空を通らなくなったとのことである。

 

雲のように立ち込めるそうした名声の中、名人ノリマサは次第に老いていき、移り変わりの激しいネット界隈では一部のコピペとして残る伝説を除き彼のことを忘れていく。

「おれんちの上、飛行機通らないんだけど質問ある? コピペ 元ネタ」のワードで検索する若人。

どろにんぎょうのようと言ったノリマサの顔はさらに表情を失い、言葉を口に出すこともまれとなり、ついには呼吸しているかどうかも定かでなくなった。

 

そうしていつしか、風が運動場の砂を運ぶように静かにノリマサはこの世を去った。

そのあいだ、彼は「ストツー」の4文字を口にすることはなく、もちろんストツーをプレイすることもなかった。

できれば、こんな物語を書きはじめたものとして、いっちょ老名人のものすごい武勇伝として118歳にしてストツーの世界大会で無双するストーリーでもこしらえたいところながら、孫の視点で「おれのじいちゃん枯れ木かなと思ってたのにストツーさせたら天下無敵だった件www」というタイトルの逸話を語りたいところながら、原作のあるこの話を好き勝手に改変するわけにもいかぬ。

 

ただ、次のような妙な話がひとつ残っている。

 

その話というのは、ノリマサの死ぬ1~2年前のことらしい。

ある日、老いたノリマサが知人の家に行ったところ、その家のこどもたちがやっているゲームを見た。

たしか、見覚えのあるようなゲームだが、どうしてもその名前が思い出せぬ。ノリマサはその知人にたずねた。

 

「これはなんていうゲームですかな」

 

知人は、ノリマサが冗談を言っていると思って「またまた」と大きく笑った。

が、ノリマサはまた真剣になって「このキャラクターの名前は?」とたずねる。

知人は「からみづらいノリだな」と思ってあいまいな笑みを浮かべた。

しかし、三度ノリマサがまじめな顔でこのゲームについて問うたとき、はじめて知人の顔に驚愕の色が現れた。

問い返す代わりにノリマサの目をじっと見つめる。

相手が冗談を言っているのでもなく、気が狂っているのでもなく、また自分が聞き間違いをしているのでもないことがわかると、彼はほとんど恐怖に近い狼狽を示して、叫んだ。

 

「ああ、ノリマサさんが、あの達人であるノリマサさんが、ストツーを忘れてしまったというのか! ストツーのゲームそのものも、キャラの名前すらも!」

 

その話がインターネットで伝わると、絵を描く人は絵筆を折ってペンタブを物置の奥にしまい、プロゲーマーはコントローラーをドブ川に投げ捨てゲーミングチェアを空気椅子へと変え、一部のネットコメンテーターはふくんだコーヒーをパソコンに浴びせながら「ボケてて草」と書き込んだということである。

 

 

 

○-○ ―――――――――――――――――

<あとがき>

2月末に前編を更新してから、わりとすぐ後編も更新しようと思ったのですが、気づいたら2カ月ちょっと経っていました。

中島敦さんの『名人伝』が大好きで魔改造してみたわたくし、前編がめちゃくちゃ自信作だったのですがびっくりするほど反応がなくショックで2カ月あまりの歳月気を失っていたためです(多少の失禁もしました。多少ね)。

 

まあ、でも、「他人の評価で自分の行動を変えるのはやめよう」という考えに最近ようやくなりまして、自分が好きなことをちゃんとやろう、ということで後編も更新してみました。

今年はブログだけ書いていたい。

 

『名人伝』は青空文庫で見られます!

https://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/621_14498.html

 

↓ Kindle とかでもあるよ(どちらも無料です)

 

 

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、Amazonか楽天でお買い物するときに、下のリンクを踏んでからお買い物をしていただけますと私にジュース代なんぞが入ります。とても嬉しい。(なぜかメガネの検索画面が出てきますが無視してお好きなものを!)
▷Amazonでお買い物
▷楽天市場でお買い物
▶Amazonのほしいものリスト