2017/05/12

新聞いつ読むのか問題 トイレで読むお父さんの悲哀

 

 

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

25歳ごろ、最初に勤めた税理士事務所の所長先生から「やっぱり日経新聞ぐらい読んでないとな~(チラッチラッ)」と遠回しな圧力を受けて新聞を読み始めて、31歳になった今でもまだ読んでいるのですが、

新聞を一日のどのタイミングで読むべきか

についてわりと試行錯誤してきました。

 

こんなのがどなたかの参考になるものなのかまったくわかりませんが、「新聞 いつ読む」と検索してもそれほど出なかったので、色々試してみたいところもありまとめてみます。

 

 

 

新聞いつ読むのか問題 これまでの変遷

順番に書きますが、私の試行錯誤の順番としては、

  • 通勤電車の中で読んでみた
  • 夕刊やめてみた
  • あえて土日に回してみた、飛ばし読みしてみた
  • 朝読んでみた
  • 夜歯磨きしながら読むことにした

という感じです。

 

 

■ 通勤電車の中で読んでみた

新聞をとって読み始めた当初は通勤電車の中で読んでいました。

 

状況としては、

  • 乗っている時間は15分程度
  • 当時神奈川に住んでいて、神奈川の事務所に通っていた
  • 下りの電車で通勤していたため、かなり空いていて読みやすかった

というところで、「15分程度で読む」という目標を立てて挑んでいました。

 

しかし新聞読むこと自体がほとんど初めてだったのでものすごく時間がかかり(たしか45分~60分ぐらい)、読みきれず帰りの電車でも読みかつ更に読みきれず家でも読む、ということを繰り返していました。

しかも家に帰ると夕刊も届いていたもんだから「これは新聞地獄である」と一人暮らしの部屋で電気もつけずに一人つぶやいていました。

 

 

■ 夕刊やめてみた

で、夕刊をやめてみることにしました。

値段は地域によるらしいのですが、夕刊をやめても月140円ぐらいしか安くならず、僕は貧乏性なので「ただでさえ高いのにもったいないなあ」と思いつつも夕刊を読まなくて済む気持ちの楽さを比較して思い切ってやめてみました。

 

夕刊をやめたメリットとして、

  • 夕刊にかける時間がなくなった
  • 朝刊と夕刊両方読む場合と比較して、それほど情報量の差を感じなかった(主要なニュースはだいたい両方に載るので)
  • 疲れて帰ってきてポストに夕刊が刺さっているとげんなりしていたので、それが解消された。

というところが挙げられるでしょうか。

 

ただこの頃は仕事に慣れてきて段々仕事量が増えていく時期でもあったので、朝刊だけでも結局読みきれず土日に後回しすることが増えていきました。

 

 

■ あえて土日に回してみた、飛ばし読みしてみた

あえて平日は読まずにまとめて土日に回してみたこともあります。

土日にまとめて読まれる方も多かろうと思いますが、私はまとめて読んでいると、

「早く読まなきゃ終わらない」

「でもただめくるだけなら買って読んでる意味がない」

という葛藤に悩まされ、読み進めて水曜日ぐらいまで来るとびっくりするほど嫌になってきたため、これはすぐにやめました。

 

ただ自分が一字一句を追ってしまうタイプだということがよくわかったので、新聞記事内の「私の早読み術」的な記事を参考にしつつ、

  • まず見出しをざっとみる
  • 少し興味を覚えた記事は冒頭の部分だけ・あるいは最後の部分も追加して拾い読みする
  • かなり興味のある記事は全文読む

とメリハリを付けるようになってきました。

 

 

■ 朝読んでみた

「朝早く起きてスッキリした頭で新聞を読み、ささっと終わらせよう!」と思い立ち試してみたのですが、これもすぐに挫折しました。

特に仕事が立て込んでいるときは、朝スッキリしている頭でそのまま仕事したほうがいいやんけ、と思い直したためです。

 

 

 

 

現在の読み方

そんなこんなで行き着いたのが、現在の「夜歯磨きしながら読む法」です。

私は夜の歯磨きを比較的長くする(10分~15分程度)ので、その時間読むという画期的な方法です。

 

これのメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 歯磨きは必ずするので、「とにかく夜の歯磨きの時間は新聞を読む」と決めることで、新聞を翌日以降に回さずに済む
  • 歯磨きが終わると読む気がしなくなるので、「とにかく歯磨き中に終えよう」という思考が働き記事の取捨選択をするようになる
  • ぼーっとしていると3分ぐらいで歯磨きを終えてしまうことがあるので、歯磨きもおろそかにせずに済む

 

※ 余談ですが、「歯磨き 平均時間」で検索したら「3分未満が半数」という結果が出てきました。あんまり長いと歯をガリガリ削っちゃってんじゃないかという気もしますね。

 

 

 

 

今後も新聞読むのか問題

これだけ縷縷申し述べておいてなんですが、そもそも「今後も新聞読むのか問題」も自分の中では2年半ほど前からあります。

かなり高いですし、その値段に見合うだけの情報を得られているかというと、僕の中では疑問です(あんまり言及したくないですが、新聞が「消費税上げるべきだ、でも新聞は大切だから軽減税率適用してね」といったスタンスをとったことに非常に嫌気がさしたこともあります)。

 

ただたとえばヤフーニュースの記事だと表面的なものが多いので、それよりは特殊なもの(業界に特化した記事・地域の特色を示した記事)も読むことができるのと、株価や為替や金利を本当にざっとですが見る習慣ができたので推移をなんとなく把握できる、といった点を今のところはメリットととらえて読み続けています。

……文字にして気付きましたが、今言った程度だと簡単に代替できそうな気もするので、今後代わりになるものは探していきたいなと思います。

あとタイトルの「トイレで読むお父さんの悲哀」はそういう方もいるようですね、と一言言及するつもりだったのに、完全に忘れていたことに書き終えてから気付きました。

 

 

 

 

==============================

あとがき

どうでもいい記事を挟みながら更新していこうかなあと思っていたのですが、どうでもいい記事のくせに無駄に長くなってしまい困惑しています。

分割するような内容でもないしこういう時はどうしたらよいのか。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
読んでくださってありがとうございました

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -