こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

昨日事務所のサイトでお知らせをいたしましたとおり、今日からこのサイトで更新してまいります。

大して面白い話にもならないでしょうが、初投稿なのでせっかくだからサイト名の由来を残しておこうかと思う次第であります。

 

「100メガ」というサイト名の由来

 

何度か書いておりますとおり、『肩書きってなんだろうか めがね税理士セルフブランディングを考える』という記事を書いて以来「めがね税理士」というふざけた肩書きを名乗っておりますわたくし。

それからというもの、「めがね」を会社名にするなどやや常軌を逸した行動を見せていたわけですが、今回もまた「めがね」を軸に考えをめぐらせておりました。

 

当サイト名の 100メガ。

 

天才かと思うような察しのよさを発揮されている方もごくわずかにいらっしゃるかもしれませんが、この「メガ」の由来、実は「メガネ」なのです。

 

 

まず「メガ」は使えそうだなと考えた

サイト名を考えるにあたり、

「めがねをどうにか入れられないものか」

と思案に暮れていたわたくし。

 

個人的に好きな表記は「めがね」ですが、「メガネ」もこれはこれで好きであり、この場合の頭2文字の「メガ」。

これは言わずもがな、

メガバイト(megabyte・MB)

に代表されるように、「100万倍」というような意味があります。

 

また、それだけではなく、

  • 巨大な、非常に大きな[多くの]、大変な規模の、想像を絶する
  • 〈俗〉素晴らしい

というような意味もあるようで、「これはなかなかいい言葉だな」と考えました。

この俗語ほんとなんですかね。めちゃくちゃいいじゃないですか。

 

 

「サイト名は4文字がいい」説

おそらくサイト名だけにかぎらず商品名などにも言えるのでしょうが、

「名前は4文字だと覚えられやすくていい」

という説をかなり前に聞いたことがありました(マーケティングの本を読んでいたとき…?)

 

あと個人的にシンプルなものが好きということもあり、「まあできるだけシンプルなものにするか」という考えもその4文字説に合致しました。

 

で、まあメガといえば、昨今だとやはり情報量を意味するバイト(byte)を連想される方が多いのじゃないかと思うのですね。

そしたら「まあ100メガとかどうだろう」とふと思いついたのでした。

 

100か10か1000か問題

しかしここで懸念されたのが、技術革新のスピードを考えると「そのうち100メガなんてゴミみたいな情報量になってしまうのでは」という問題。

いまフロッピーなんて誰も使ってませんよね、と言おうとしたところでなんかちょっと前にフロッピーでライセンスを送りつけてきた会計ソフトの会社があったなと思い至りました。

そんなソフト会社はフロッピーとともに滅びよ。

 

なので少しでも単位を大きくしたほうがいいのか、一応プラスもマイナスも考慮して、

  • 100メガ
  • 10メガ
  • 1000メガ

と並べてみたのですが、

「10メガはさすがに小さい」

「1000メガとか1ギガじゃん。見栄張るのやめなよ」

という反論が自分のなかに容易に湧き、このなかだったら100メガに落ち着きました。

 

4文字じゃなくなってしまった問題

それともう一つの懸念が4文字じゃなくなってしまった問題

これは、

  • 100メガ
  • ヒャクメガ

と表記を変えてなんとかしようとしたのですがどうにもならず、「まあ音が4つなら同じようなもんだろ」と安易に考え問題を無視することにしました。

 

また、「ヒャクメガ」も悪くないかなと思ったのですが、パッと見て「ヒャクメ」と「ガ」に分かれているようにも感じられ、「誤解は少ないほうがよかろう」との考えのもと却下。

 

「100 MeGa」とか英語混ぜてかっこつけるかなあと思うも、この「100メガ」の絶妙なダサさが好きというか、わたくしをよく表してくれているようにも感じられ、個人的にはいまのところ悪くないと思っています。

 

 

メガネにどうこじつけるか

「よし100メガでいくか」

と思ったはいいものの、やはりここはもう一つくらいうまくメガネに掛けたいものです。

 

メガは「100万倍」なので正確ではなさそうですが、また安易に「同じようなもんだろ」と考え「メガネを100万回かけてきた男」を自称するかと考えました。

 

まあわたくしのメガネへのほとばしる愛は、会社名なんかにしちゃったところからもわかっていただけるとは思うのですが、こんだけメガネメガネ言っておきながら実際私が毎日メガネをかけ出したのは16歳からです。

まったく早くない。

(16歳からは毎日かけてるんだからね!)

 

まあそれはさておき、現在32歳で、朝起きたときと、お風呂のときと、休憩中に1回は外すことを考え、1日平均3回はメガネをかけているものと仮定します。

すると、

16年間×365日×一日3回ぐらいはめがねかける=17,520 回

 

うん、まったく100万回に届かない。

 

なので、

「まあだいたい同じようなもんだろ」

と考え生まれてから現在までずっとメガネを掛けていたというファンタスティックな幻想の世界に生きることにしました。しかも1日10回はかけていることにしよう。これならいける。

 

32年間×365日×一日10回ぐらいはめがねかける=116,800 回

 

 

うん、まったく100万回に届かない。

 

 

まああとは「+α」ですよね。プラスアルファで100万回。

いいじゃないですか細かいことはもう。

 

 

そのほかの候補

ちなみに、そのほかの候補としては、

  • 吐息をひそめておやすみを(ただ語感が好きなだけ)
  • 風が強い日の丘の上(これも語感が好きなだけ)
  • どこかへ行きたっくすてしょうがない(税金であるタックスをどこまで自然に混ぜられるかに挑戦)
  • メガワカメ(メガネの若め税理士。以前もちょっと書きましたね)
  • メガタニ(メガな存在を目指すメガネ谷口)
  • メガタニッキ(メガな存在を目指すメガネ谷口の日記)

というようなものがありました。

 

特に後半のダサさがいいですよね。ダサさって大切だと思うんですよ。いやおしゃれなの思いつかないから言うんじゃないですよ。親近感っていうのかな、相手に優越感を持たせられるっていうのかな、とにかく適度にダサいのがいいんですこれはたしかです!

 

 

 

おわりに

というわけで、サイト名を考えるにあたっての懊悩(おうのう)をつらつら書いてみました。

完全にわたくしの備忘録ですねこれ。読んでしまった方申し訳ありません。

 

よーし心機一転これからがんばるぞー!!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、ジュース代なんぞをご馳走していただけますと嬉しいです。ガバガバ飲みます。
https://www.paypal.me/tanimega/150

※ PayPalのアカウントが必要です
※ 金額は変更可能です。50円でも拝みます