妻についてのツイートまとめ 2017年~2018年分

 

 

こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。

 

わたくし、妻の話をちょいちょいツイートするのですが、妻の話はブログよりもツイート(140文字)だとちょうどよいのですね。

そんなにオチもないこと多いし(オチが必ずいるかはさておき)。

 

ただ、Twitterさんに何かあったときに困るのと、一覧として見れるほうが都合がよい(妻がケンカ中にこのブログを読んで「ふんっ、しかたないなぁ」と溜飲を下げてくれる万が一を望む)こともあり、あえてブログに貼り付けて残しておきます。

あと『妻の話』カテゴリーが思ってたより更新されないので増やしたい邪心もあります。

 

ツイートに対するコメントもちょいちょいつけますが、私のツイートを見てくだすっている聖人のごとき方には特段目新しいものもありません。

ただ、Twitterはその性質上タイミングが合えば見る、という方が圧倒的大多数だと思うので、そういう意味もあっておひまつぶし程度にご覧いただけると幸甚でございます。

 

あと、「人が妻妻言ってるツイートなんて面白くもなんともないだろ」って思っていたのですが、意外と「わりと好きよ」って言ってもらえることがあり、うれしくなったため、というのも理由のひとつです。

ただ、ご不快になられる方もいるんじゃないかなぁ、ともちょっと危惧しており、そういう場合はスルーしておいていただけますと幸いです。

 

なお、わたくしめがねには、昔のツイートだろうと「いいね」をいただけるとものすごく喜ぶ ちょっと気持ち悪い感じの性質があります。

なんか、「ふふっ」みたいになったらいいねしてくれるととてもうれしいです。めがね割れます。

 

 

--- ○-○ ---

 

はじめて妻のことをツイートしたっぽいブログ。ブログには多分これ以前もちょいちょい書いてました。

 

 

--- ○-○ ---

 

私は妻にかまってもらえないとすぐさみしがるめんどくさおじさんなので、わざわざこんなめんどくさいツイートもしています。

2018年に放映してたドラマ「おっさんずラブ」の最終回のときのツイートですね。

『さみしがり屋のかまってちゃんであることが発覚した33歳の冬、おじさん』というくそブログも書いてます。

 

 

--- ○-○ ---

 

そういえばこんなブログも書きました。

アイキャッチ画像がわりとお気に入り。

 

 

--- ○-○ ---

 

『むっつりすけべを公言すると、人はむっつりすけべの要件を失うのか?』というくそブログを書いているとき、妻にタイトルを見られました。

「知るか」としか感じようのないタイトル。

 

 

--- ○-○ ---

 

これびっくりするほど覚えてないです。

こういうときはツイートしとくと思い出になっていいですね(ツイートそのものがどうかしていることについては気づかぬふりをお願いします)

 

 

--- ○-○ ---

 

妻のことというか、妻とお出かけしたツイート。

このとき「ふくろう飼ってみたい欲求」がマックスだったのですが、食物のことなど考えると私のごとき軟弱精神では保たぬことが予想され、やはり「生き物を飼う」ことには責任がつきまとうよなあ、といまは多少落ち着いています。

ただ猫は飼いたい。私、猫アレルギーで鼻がくしゅんくしゅん言うけど。気持ちはいつでも飼いたい。

 

 

--- ○-○ ---

【お気に入り】

 

いまでもまれに機嫌がいいと「ブーン」をしてくれます。まじで超かわいい。全人類に見てほしいけど誰にも見せたくないという矛盾した気持ち。

このツイートをした一年後ぐらいにふと「いいね」があったので、ふとリツイートしたら、「突然どうしたん!?」って友人に驚かれました。突然でごめんね。

なお、いま現在も「理由なきブーン」と「理由あるブーン」の違いは判明しておりません。

 

 

--- ○-○ ---

 

なんか情緒不安定感すごいですね。妻がいないとこうなる。

多分前半のポエムみと、後半のギトギトとのギャップで面白くできないかと思ったんでしょうね。安易。

 

 

--- ○-○ ---

 

このケンカの原因もびっくりするほど覚えてません。

ときどきフェイクを入れるので、それかもしれない。

いや、でも、チョコミントを買ってくれてきたことはたしかにあったんだよな。

そんで一緒に食べたら「うーん、失敗だったね」みたいなこと言ってたから、「よし、妻が微妙に思うものは私が片付けるのだ!」という誤った使命感を抱いてチョコミントを食らいつくしたら「食べたくないほどじゃなかったのに!」と怒られた記憶はある。

 

原因それじゃねえか。

 

 

--- ○-○ ---

 

見返してツイートの中身の無さにびっくりしました。知るか。

 

 

--- ○-○ ---

 

このあとめっちゃミロを飲むようになりました。ミロ、好きだよ。

 

 

--- ○-○ ---

 

この中身の無さもすごい。日本語しゃべれ。

あと映画を見るツイートしたんだったら、感想のツイートぐらい流したらどうかね。

 

 

--- ○-○ ---

【お気に入り】

 

これもお気に入りのツイート。「舌ざわり」ってなんだよ。

ただツイートへの反応は思ってたよりなかったです。うーむむずかしい。

 

 

--- ○-○ ---

 

一定の年齢に行くと、「誕生日が来ても別にうれしくはない」というのはあるみたいですね。

「年齢を重ねることは受け容れているし、喜ばしいのだけど、ことさらに誕生日を喜ぶという感覚ともちょっと違うかな」とのこと。なるほど。

 

 

--- ○-○ ---

 

質問箱というサービスで、「あまり男運がよくありません。どうすればめが姐のような素敵な愛妻家の男性に出会えますか」というご質問をいただいたことへの回答。

質問箱への回答系はほかにまとめたのと諸事情により除外したのですが、これはお気に入りのやつだったので載せました。

私がどうとかじゃなくて、妻のやさしさがすごいから、それが返ってきているだけなのでは、と思っているのでこうお答えしました。

ただ、やさしさに対して何かが返ってくる人とこない人は、現実的な話として分かれるだろうし、質問に対してちゃんとお答えできてないですね。という反省もしています。

 

 

--- ○-○ ---

 

「いやクリスマス関係ないやないかい!」というコメント待ちだったんですが、ベッタベタだし特段面白くもないよね、っていう気持ちになってますいま。

 

 

--- ○-○ ---

というわけで、2017年~2018年までのツイートをまとめてみました。

「ツイートまとめるだけならちょろいだろ」

って思ってたら意外と大変だった。

 

2019年以降の分も今度まとめたいと思います。

(需要はあるのか。いや、なくとも己のためにする! 未来の自分を救うかもしれぬのだ!!)

 

 

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、Amazonか楽天でお買い物するときに、下のリンクを踏んでからお買い物をしていただけますと私にジュース代なんぞが入ります。とても嬉しい。(なぜかメガネの検索画面が出てきますが無視してお好きなものを!)
▷Amazonでお買い物
▷楽天市場でお買い物
▶Amazonのほしいものリスト

コメントを残す

コメントありがとうございます!いただいたコメントは管理者の承認後にサイトに反映されます。数日かかることもよくありますので気長にお待ちくださいませ。