いやー走った走った。

 

めがね、フルマラソン走ったよ!

 

あ、これはどうも失礼いたしました。

自分の人生に「フルマラソン(実質的に)完走」 という新たな1ページが刻まれたかと思うと、つい自慢したくなってしまいました。

どうもめがね税理士(フルマラソンを実質的に完走)の谷口(@khtax16)です。

 

昨日は「古河(こが)はなももマラソン」というレースに税理士仲間5人で行ってまいりました。

茨城県古河市で開催されたレースですね。

 

私の人生ではじめてのフルマラソン挑戦。独立する前は自分がフルマラソンに挑むことになるなんて考えたこともありませんでした。

しかも『【訃報】右膝の崩御』で書いたように「ランナー膝」になってからというもの、いろいろと苦しんで苦しんで、どうしたらよくなるか試行錯誤した上で挑んだ本番。

 

『30kmマラソンに出場して圧倒的トップに君臨しました』で書いたように、1月に前哨戦として挑んだ30kmマラソンでは4kmでリタイアという醜態をさらしていましたから、この本番では少しでも名誉挽回・汚名返上をしたいという並々ならぬ意気込みに満ちていました。

 

 

 

その結果・・・・・・!!

 

みごと、みごと実質的に完走・・・・・・!!!!!!

 

大丈夫、ほめたたえてくれても大丈夫です。

膝の痛みを乗り越えての実質的完走ですからね。みなさんの感動もひとしおでしょう。もちろんぼくの感動もひとしおです。

 

だからなんでも好きな質問していいよ、えっ、タイムが何分だったのかって?

 

 

 

いやタイムとかちょっとなに言ってるかわかんないですね。

39kmでリタイアしたんでタイムとかちょっと意味がわかんないです。

 

 

 

はっ? じゃあ完走してないじゃんって?

 

 

 

まじでなにを言ってるんですか。

1.1月の30kmマラソンを4kmでリタイア

2.3月のフルマラソンを39kmでリタイア

 

 

 

4km+39kmで実質的に42.195km完走してるでしょうが。

 

 

 

なんだったら43km走ってるわけですからね。

フルマラソンで42.195kmを超えた伝説の男 といっても差し支えないわけですよ。

 

それをなんですか「全然完走してない」だの「実質的にとか意味わからん」だのと形式にこだわって愚かな発言ばっかりして。

やだやだ人の足を引っ張るだけの人間にはなりたくないものだわぁぁ~ん。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ふう。

 

いえ、ほんとすみませんでした。

まじで39kmでリタイアしまして、一番へこんでいるの僕なんでほんと罵詈雑言とかおゆるしください。

ちょっと調子のった発言をしないと心の均衡を保てなかったんです。すみませんでした。

 

いやー39kmって言ったら42.195kmまであと3kmなわけですよ。

「なんであと3kmがんばれないんだおれの脚。どうしたんだいおれの筋肉」

みたいななかやまきんに君ばりの問いかけをしたんですけど、

「いや、もうむりっす。なんだったら20kmぐらいの地点からむりでした」

みたいな私の生き写しみたいな弱音を両脚が吐きまして、「だよねー」と言いながらメガネがパリーンと割れました。

 

でも幸いにも一番のネックだった右膝はなんとかなりまして、股関節・腿・ふくらはぎ・足の裏といった足全体の筋肉が痛い、という状況でした。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)になるとほんと絶望的な気分がすごいんですよ。なんでしょうね、単なる筋肉痛とは痛みの種類がまったく違うのと、しかも「膝」という超重要ポイントの痛みなので、「これ以上無理したら歩けなくなるんじゃないか」みたいな、自分の将来が潰えてしまうようなイメージすらもたらすんですよ(私の場合)。

なのでランナー膝だけは絶対に起こしたくなくて、やってきたケアが実ったのかなと思うとそこだけは嬉しくて、「とにかく膝が痛くならないかぎり自分でリタイアはしない」と決めて、途中から半分歩きながら半分走りながら進みました。

 

なのでリタイアというか、足切りの時間がありまして、39kmのところの足切り時間をクリアできなかったのであえなく回収された、という感じです。

いやまあ当日も今日も足全体痛すぎて動きがおじいちゃんみたいですけど。こういうとき在宅で仕事できるってほんと幸せですね。

 

しかしそんだけ膝を気にしていながら、テーピングを忘れるという最低な凡ミスをしてしまいました・・・・・・

ここまで走れたのは誘ってくださった井ノ上さんがテープを貸してくださったおかげです。まじで「神さまかな」と思いました。

(ほんとすみません・・・・・・)

 

正直参加前は「膝が痛くなったら10kmでもリタイアしよう」とも思っていたのですが、そんななか亀みたいなペースとはいえ39km走れたことはものすごく嬉しかったです。

同時にリタイアは心から悔しいので、できれば年内に自分一人でもどこかに応募してリベンジしたいな、と思っています。

トレーニング続けないとダメですね。

 

前半ふざけて書いてますが、独立する前は「自分がフルマラソン走るかも」なんてほんと「かも」をつけるほどにも考えたことがありませんでした。

(しかもこの確定申告時期に)

 

改めて、

「確定申告? 休みなく働いて稼ぐぜぇ!!」ではなく、

「確定申告? まあそれはそれとしてほどほどに楽しみながら過ごすぜぇ!」が自分の目指す世界なんだな、と感じました。

何がいい悪いではなく、いろいろなことに挑戦もしつつ「楽しく生きていきたいなあ」というのが自分の感覚なのだなあと。

 

貴重な機会をくださった井ノ上さん、一緒に参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

もっと挑戦しつつ、楽しみつつ、がんばります!

 

○-○ ―――――――――――――――――

<余談>

冒頭の39km+4kmは林さん発案のネタです。

めちゃくちゃいいネタをありがとうございます!

 

そういえばひとつだけ悲しいことがあって、井ノ上さんが企画した新イベントが「参加してみたい!」と思えるものだったのに昨日募集され昨日のうちに埋まっていたということ。

自分がへろへろぜえぜえ言いつつ走っているときか、おじいちゃんかな?というスピードで帰っているときかに埋まっていたと思うと悲しみが漂うのであります。

 

 

 

そして悲しみの39km地点の看板です。

悲しみ。

 

※ 20kmぐらいから「いつリタイアしてもおかしくない」という雰囲気だったので、5kmごとに看板を撮影するという余力を見せる。走るほうにエネルギー使えや。(看板は1kmごとに立っていました)

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、ジュース代なんぞをご馳走していただけますと嬉しいです。ガバガバ飲みます。
https://www.paypal.me/tanimega/150

※ PayPalのアカウントが必要です
※ 金額は変更可能です。50円でも拝みます