【短文】Amazonレビューには魔物がひそんでいる

 

 

死ぬほどどうでもいい話なんですけど、私(35歳男性)ヒゲがかなり薄いんですね。

もう10年以上、私のヒゲに対する処置は「ときどき毛抜きで抜く」ぐらいです。

カミソリやシェーバーも持ってません。

(持ってるのは天下に名高いケツ毛ジョリーぐらい)

 

ただ、なんか先日ふと、

「さすがにそろそろ剃ろうかしら」

って思い立ったんですよ。めちゃくちゃ突然。

 

で、私こういうことあるとすぐ妻に相談しちゃう人じゃないですか。

「エチケットのことちゃんと考えてる夫、どう?」

って妻にうざい遠回しアピールできないかなあって考えちゃう人(うざい)じゃないですか。

 

そしたら妻が、

「こんなタイプのシェーバーもあるよ」

って教えてくれたんですよ。↓の画像みたいなやつ。

 

 

 

なんか剃るところが平面で肌に優しそうじゃないですか。

妻も、

「顔のうぶげとかに向いてるけど、夫のヒゲの薄さだったらこんな感じでもいいんじゃないかな。肌にも優しいし」

って言ってました。夫の肌のことまで考えてくれる妻は神。

 

一瞬「それ貸してくれない?」って言おうとしたんですけど、さすがにね、私の肌を這ったあとのシェーバーを妻の肌に這わすなんて、間接キッスならぬ間接シェーバーするわけにもいかないし、私もさすがにそれで興奮をおぼえるような特殊な性癖はしていないので、すなおに自分で買うことにしました。えらい。

 

検索ワードがよくわからなかったんですが、「シェーバー 女性」とかで検索したら出てきました。

さすがのAmazon様。

それが上の画像なんですけど、この文字読めますか?

 

 

 

「チョイソリーナ」

ですよ。

 

商品名「チョイソリーナ」。

 

「ちょいっと剃れるからチョイソリーナ」ってかやかましいわ。

文字のフォントもちょっとおしゃれぶるのやめろ。すてきだろ。

 

私もふざけた商品(ケツ毛ジョリー的な)とかわりと好きなタイプなんですけど、ただ今回は肌に当てるものじゃないですか。

「チョイソリーナ買ったらチョイ出血ーダ」ってなったら嫌じゃないですか。

値段は2,000円とかで安いんですけど、どうしようかなーって思ってレビュー見てたらですね、

 

 

 

読めます?

 

「うさんくせぇ名前に騙されるな」

ってタイトルだから辛口レビューかなと思ったら、

「チョイソリーナどころかバリソリーナ」

らしいですよ。

 

なんかもう「バリソリーナなら買っちゃうか」って気になっちゃうじゃないですか。

「ちょいっと剃れるところかバリバリ剃れるんならもう安心でしょ」って、バリバリ剃れることは安全面から考えるとなんの安心材料でもないんですけど、「バリソリーナ」の語感に絶対的安心感抱いちゃうでしょ。

安心感(バリソリーナ・サンクチュアリ)に包まれちゃうでしょ。

あれだったらメーカーさんはチョイソリーナ1年分(多分1本)をこの人に送ってもいいほどの宣伝効果ですよこれ。

ネーミングの妙よ。

 

って思いつつさらに読み進めてたらですね、

 

 

まさかのバリソリーナレビュー3連発。

 

上の人の「バリソリーナ」に心動かされた方々が続いていました。

そらもう買っちゃいますよね。

バリソリーナデビューしちゃいますよ。

 

今日買ったばかりなので、バリソリーナが届いたら、

「君はこの夏、チョイソリーナ or バリソリーナ?」

ってレビュー動画撮ってYouTuberデビューしたいと思います(しません)

 

 

 

 

※ 最初Twitterでツイートしようかと思ったんですが、まったく収まらなかったのでブログにしました。よくこのボリュームを140文字で収めようとしたな、とも思えるし、よく140文字をこんな中身スッカスカでふくらませたな、とも思います。1000文字オーバー。

 

 

<広告代わり>
「役に立った!」「ニヤニヤした」など、もし「こいつ応援してやろうかな」という菩薩のごときお心が芽生えましたら、Amazonか楽天でお買い物するときに、下のリンクを踏んでからお買い物をしていただけますと私にジュース代なんぞが入ります。とても嬉しい。(なぜかメガネの検索画面が出てきますが無視してお好きなものを!)
▷Amazonでお買い物
▷楽天市場でお買い物
▶Amazonのほしいものリスト